咲かない花に水をあげ続けること

日常をつらつらと書き続けています

暑いです

 

暑いですね。明日、というか今日は30度を超えそうですね。すぐ顔に汗をかいてしまうのでとても嫌です。家から駅まですぐなのに電車に乗った頃にはおでこや目の下、口の下に汗をかいてしまいます。お店に出勤して鏡を見ると汗でおでこの髪の生え際がキラキラ。恥ずかし、と思ってすぐに拭いています。

1時間休憩があるので最近はドトールで過ごしています。ジャーマンドックにアイス宇治抹茶ラテかアイスココアです。コーヒーは苦手です。紅茶も好きだけど、バイト中は甘いものを飲みたくなってしまいます。今日は宇治抹茶ラテにしました。

近くの雑貨屋さんで洗濯用洗剤などを入れておくカゴを買いました。小・中・大とあって、多分、中が丁度いいだろうと思って家に帰ってきて入れてみたら余裕がありすぎました。けど、もう1つ買って化粧水やヘアケア用品を入れておく用のカゴも欲しいなとも思いました。いまはただ置いているだけだけど、カゴに入っていたほうがきちんとしている感が出るような気がしないでもないかなと。あと布のティッシュケースを買いました。リバティのテキスタイルのものです。リバティって小花柄ばかりかと思っていたけれどリアルな花の模様のものもあって、私はそれが好きなので今日のものを合わせると2種類持っています。祖母は「女の子なんだからポケットティッシュはそのまま使わずにティッシュケースに入れなさい」という人だったのですが、他のものはポーチなどにまとめて入れてるのにティッシュだけビニールでガサガサしているのも嫌だなと思うようになって買いました。

家に帰ってきて公共料金を支払いにコンビニに出かけて暑い暑いと言いながら服を脱いで久しぶりにアイスを食べました。あずきもなか。大学1〜3年だったかな、それくらいのころは本当にバカみたいにアイスばかり食べていたのですが、最近アイスを見てもあんまり食べたいなと思うようにならなくて、けど今日は暑かったので食べました。実家にいたときは棒アイスを食べたことがなくて、カップアイスばかりだったので、大学生になって一人暮らしをしてからもあまり棒アイスは選びません。習慣ですね。ガリガリ君とかスイカバーとか食べたことがありませんでした。かといって高いアイスを食べていたわけではなく、スーパーカップとかサクレでした。祖父がアイス好きで、しかも6人家族だったので夏場の冷凍庫には結構アイスが入っていました。祖父はバニラや抹茶系、祖母は白くま系、私と弟もバニラや抹茶、チョコなど。父と母はあまり食べませんでした。1日1つの暗黙の約束。

たまに帰省すると父親ミスドを買ってきて帰ってきてくれる確率が高いです。いやミスド美味しいし好きだけど、私もう20歳超えてるし…なんて思うけど多分私がミスド好きだろうと思って買ってきてくれるんですよね。一人暮らししてからは数えるほどしか食べたことありません。大体イートインで食べるので、父親の買って帰ってきてくれた10個くらい入るあの横長の箱が懐かしいなあと思うことがたまにあります。父親のチョイスは基本的にオールドファッションかチョコファッションのみです。他のものにはあまり手を出しません。そういうところも父親らしいっちゃ父親らしいんですけど。

 

さっき薬を飲んだらもう眠くなってきました。薬を飲んで少し経つと口の中が苦くなってくるので効いてきた合図かなと思っています。飲み始めた頃はこの苦味が苦手だったんですけど、最近は慣れてきてしまいました。前までは昼過ぎまで口の中が苦くて不快感がすごかったけれど、今ではあまり感じません。慣れってすごいなあと思います。入眠の手助けといった感じの薬なので起きれない、ということがなくて安心です。明け方に目が覚めてしまったりすると伝えたらもう少し睡眠効果?を高める薬にしますか?と聞かれましたが朝起きれないのは怖すぎるのでやめました。朝起きれないのは本当にダメです、怖すぎます。

明日というか今日は午後からバイトです。今日というか昨日は午前に洗濯をしたので溜まっていないから明日は洗濯をしないで済みそうです。部屋も比較的綺麗な状態なので大丈夫でしょう。ギリギリに起きることだけを防げれば落ち着いた午前中が過ごせそうです。

 

おやすみなさい。