咲かない花に水をあげ続けること

日常をつらつらと書き続けています

お腹が空きました

 

色々とことが進んだからかお腹が空きました。空いたところで果たして量が食べれるかは謎ですが…そして今日は飲み物以外口にしていないのでお腹が空いて当然なのかもしれませんが…。

 

中退の方向で決断をしたと昨日のブログに書きました。社員さんにできるだけ早くお話ししたいと伝えたら今日会ってもらうことができました。

考えなどを伝えたら、最近の私の頑張りのようなものを感じていてくれたようで、副店長にすることや時給を上げることを考えていたタイミングだったんだよね〜と言ってもらえました。頑張りが伝わっているかが不安だったのですが、伝わっていたので嬉しかったです。すぐに正社員!とは出来ないかもしれないけど、9月とか3月とかのタイミングで出来るようバックアップはするよと言っていただけました。社長にも伝えておくから、明日また会って社長からの答えを伝えるよとのことでした。なんて話が早い。

その後に、母親に実はうつであったこと、9月卒業が出来ないこと、働くつもりであることを報告しました。母親は賛成してくれました。賛成の度合い的にはめちゃくちゃ賛成だ!くらいの賛成度でした。本当は4月から学校に通わせることは辞めさせたかったくらいだったんだよ、と言っていました。自分の母親に対してこんなこと思うのはアレなんですけど、なんて理解がある親だ〜と思いました。残りは父親なんですけど、少し難しいのですよね…。けど、母親は父親にも私の考えている通りにさせてあげようって言うよ、と言ってくれました。母親には本当に感謝感謝です。

あとは、大学の友達に伝えました。大卒でないことで狭まってしまうこともあるかもしれない、辛いこともあるかもしれない。だからあと半年頑張るのも手だよ、と本当に私のことを考えて意見もくれました。私もそのことは考えていたのです。けど、それはもう背負っていこうと決めたのです。友達なりに私のことを考えてくれたこと、すごく嬉しかったです。

もうひとりにも伝えました。そしたら、ええやんええやん、と賛成してくれました。私がそう決断したのならそれが正解だよ〜と言ってくれてとても嬉しかったです。頑張って働いて星野リゾートにみんなで行こうぜってなりました。すごく行きたい〜。

あとひとりにも伝えたかったのですが、電話に出ませんでした。いや、出ないだろうな、むしろ出たらびっくりだわ、とは思っていたのですけど…。まあそれはそれでその子らしくてよかったです。また機会があるときに伝えます。

みんな私のことを考えて意見をくれたり、賛成してくれたり、本当に嬉しかったです。たくさんの人に支えられていることを改めて実感しました。

少しずつだけど踏み出せているというか、そんな感じです。

 

あと、高校時代からの割と親しい人にこの連絡をしたら、ものすごく否定されました。卒業しないと絶対後悔するから卒業はしろと。その人も留年してて生活費を稼ぐために某会社の準社員として働きながら学校に行っています。大学を卒業するためです。私の考えは逃げとしか言えないし甘えてるだけだと言われました。確かにそうかもしれません。けど、私なりの決断だったので私はこれでいくつもりです。もし大学を辞めたら軽蔑するしもう連絡はとらないと言われました。

大学を辞めることで何か失うものもあるんだろうなとは思ってはいましたが、早速、ひとりの割と親しい人を失ったようです。もう1年くらい会っていなかった人ですが。

私は私の考えだしと思っていたのでダメージは受けていませんし考えを変える気もなかったので、人それぞれの考えだよなと思ったくらいでした。

 

なにが正解なのかはわからないです。私は私のいまの考えが自分にとって正しいと思ったので、それを正解としています。

 

まあいいや。くらいでいきます。その人の意見は正しいことを言っていたのかもしれませんし一般的から見たらその人が支持されるかもしれません。

 

私の背負わなきゃならないものは大きいだろうし、辛いこともたくさんあるでしょう。

 

何書いたらいいのかよくわからなくなってきましたけど、私は私なりの覚悟はありますということです。

賛成も反対もあると思いますけど、受け止めつつ生きます。

 

おやすみなさい。