咲かない花に水をあげ続けること

日常をつらつらと書き続けています

昨日は給料日でした

 

今日はバイトが土曜日なのに珍しくおやすみです。嬉しい。なのでアラームもかけずにぐっすり眠って、結局、11時まで寝ていました。夜も2,3時までは起きてたので割と夜更かしはしていたんですけど。

 

昨日はバイトの給料日だったので、特別だ〜宴じゃ〜奢りじゃ〜なんて言って、ぴょんさん(どういう関係かはお察し下さい、多分友人はわかるであろう)と居酒屋にいきました。

バイト終わりに下北沢でとりあえずお茶をしていたのですが、何となくちょっと良いものをちょっとずつつまみたい、別にお酒はそこまで飲みたくはない、みたいな気持ちだったので、本当は大好きな「にしんば」という居酒屋さんに行きたかったのですが、人気店でもあるし華金でもあるし時間も22時過ぎでみなさん盛り上がりの時間でもあるしで入れませんでした。残念でした。私の大好きな居酒屋…。

それでも居酒屋欲は諦めきれず、少しフラフラと周りを歩いて、ここ入ってみる?といって入ってみたら、すみませんラストオーダーが近いので〜…了解です!

結局「せっちゃん」という鉄板焼きのお店に行きました。私はあまり詳しくはないのですが、ここも人気なお店のようです。前も1度行きました。そのときは、名前は忘れてしまったけれど、よく見る年配の俳優さんがいらしてました。そんな方からも愛される(かは謎ですが)お店のようです。ちなみに朝6時までやっています。先程のお店ではラストオーダーの件でダメだったので、今回は先にラストオーダーの時間を聞きました。「6時です!」「え、朝の?(そのとき既に23時なので朝に決まってるだろ、馬鹿かと思いましたが、それでも朝そんなにまで?と思ってしまったので)」「はい!」「めちゃくちゃ頑張るじゃないですか…2人お願いします!」で、入店しました。私はそんなに食べれそうになかったのですが、鉄板焼きメインだけどおつまみ系メニューもたくさんある感じなのでよかったです。

注文したのは桜ユッケ、長芋ポン酢、エイヒレ、とろしめ鯖、鮭バター(鉄板で焼くもの)。ぴょんさんはカシスウーロン?私はラムネサワーで乾杯しました。好きな食べ物たちに囲まれて幸せな時間でした…。それでも何故かすぐお腹いっぱいになってしまって、好きな食べ物たちになのにと少し悲しくなってしまいましたが。ちなみにその日口にしていたのはドトールの小さなブラウニーだけだったんです。何でこんなことになっているのでしょうか。まあそれは置いておいて。私も鮭バターは好きだけれど、追加注文でぴょんさんの食べたいものをチョイスしてもらいました。多分私食べられなかったので。というか結局全部食べてもらいました。無理矢理ではなくて、ぴょんさんも全部普通に食べられたよとのことだったのでよかったです。ぴょんさんが追加で注文したウーロンハイが割と濃くて、ちょっとひとくち飲んでみてよと言われたので飲んでみたら確かに濃かったです。ぴょんさん、お酒が強くなくて、甘いチューハイ系を1杯飲む途中でもう顔が赤くなってしまうような人なので、そのウーロンハイに対してヤバイヤバイと焦っていました。私はそんなに赤くなるだとかすぐヘロヘロとはしないので(状況と飲んだものにもよりますが)、しかもその日もラムネサワーしか飲んでいなかったので無理そうなら手伝うよ、どれくらい飲んで欲しい?と聞いたら「10分の9!」とのこと。いやいや、ほとんどじゃん、と思ったんですけど、変なノリでひとくちでゴクゴク飲んで10分の3程度残しまでにしました。中学は陸上部だし大学は超真面目系全国目指します系競技系フットサルサークルに入っていたので、割と根は体育会系なところがあるような気がしないでもないです。けど、そのサークルもひとつ上の先輩、同学年はみんな超真面目だったので、全然お酒の強要とかもなく、なんなら明日社会人チームで練習あるからコーラで!が続出するようなところだったので、他のワイワイとしたフットサルサークルとは違っているのでウェーイみたいな飲み会は経験したことないです。OB会のようなものが開催されると、既に社会人で世を渡り歩いている方々が物凄く盛り上げてくれるのですが、それでも強要とかはないですね。完全に代がズレていても一緒に楽しもうとしてくれる人たちがいるようなサークルだったので、いいところでした。すぐ話がズレてしまう…。

そんなこんなでそろそろ行きますか、お会計をしようと店員さんに金額を尋ねたら「3,590円です!」え!?安くない?と思わずびっくり。お好み焼きやもんじゃなどを頼んでいないし、お酒も2人で3杯だけれど、5品ほど頼んでそれ!?桜ユッケとかも頼んで、他のお店では割と高く感じるメニューなのに、しかも食べたいもの食べられてめちゃくちゃ満足したのに!と、安いことは有り難いのですが少し驚きました。

お店を後にして、2人共、満足できたのに安かったね、変に安いチェーン店に入らなくてよかったね、なんて話して帰路につきました。

そうそう、今色々な薬を飲んでいるので本当はお酒は控えてくださいね、と言われてきたのですが、まあ普段全く飲まないし1杯くらいね、と思って頼んでいました。ラムネサワーだったので全然大丈夫だろと思っていたのですが、薬のせいか気楽な人と一緒にいたせいか、割とフワッとした気分になってしまいました。

ぴょんさんが泊まるとのことだったので、眠る前によくわからないお笑い動画を見て笑ってから寝ました。眠りにつく前に色々ごちゃごちゃと考えてしまって、ぴょんさんに話しまくるという迷惑行為をしてしまったのですが、こっちはそれでも迷惑じゃないし(私の相談内容に対して)、気にしすぎだよ、と言ってもらえてすごく楽になって眠れました。

ぴょんさんは翌日というか今日、朝から仕事だったのでアラームをセットしていたようですが私は全くそのアラームに気付かず。それでも準備をしているときに、ぼんやりと目を覚まして、バタバタと支度をする様子を目にしたのか耳にしていました。じゃあ行くね〜と言って出て行った気がするので、暑いし気をつけて〜と声を掛けたような記憶がありますが、定かではありません。

 

今まで色々な不平不満を書き殴っていたこと、本当はぴょんさんのことでした。不平不満を持ちつつもやっぱり一緒にいてくれると楽だし、嫌なこともあるけど楽しいこともあるし、一緒にいて欲しいなと思ったので、そんなことになりました。お互いに好きとかそういうのは正直よくわからないのですが、居心地の良い相手だとは思うので、そんな感じもアリかなと。

 

居酒屋で長芋ポン酢を頼んだので、私が食べていたときに「お気付きかとは思いますが、私長芋が大好きなんですよね」と伝えたら、知ってたからそれを選択肢にあげたんだよ、と言われました。単純だけど、そんなのも嬉しかったです。

 

この文章、他人から見たらただの惚気にしか見えないのかな、と今更不安になってきました。彼氏・彼女を意識したいわけではない訳ではないし、お互いもそう思ってます。ただ、昨日は楽しかったんですってことを伝えたかったんですよね。

 

私がうつになった頃は相手の理解も得られないだろうなと思って、一応薬飲んでるんだよね、程度の伝え方だったんです。けど、よく関わっていた相手だったし、伝えていなかったのも悪かったようでした。向こうから何で言わなかったんだと責められた訳ではなく、私的に悪かったなと思っているということです。結局伝えたんですけど、どんな伝え方をしたかというと、「ぴょんさんも落ち込んだりとか元気だったりとか気分の波があるでしょ?私はその波が大きい状態で、いまは薬を飲んで割と波が静かだよ」みたいな感じです。そしたら、わかってくれたように感じます。うつだから特別扱いしてくれなんて全く思わないし、私も良くなりたいなと思って生活しています。いまは薬の力を借りて穏やかに生活しています。なのでこれでいいんじゃないかな、と思っています。

昨日は睡眠薬を使ったけれど(ひとつ悩みを言うと耐性が出てきたのか効きが以前より悪くなってきたこと)、最近は使わなくても眠れる日も出てきました。多分気分が落ち着いてきたからだとも思います。いい方向に向かっているのではないかなと思います。だからって勝手に薬をやめると辞めたときに出る断薬症状じゃないですけど、気持ち悪くなって吐いたり、だるかったり、フラフラしたりでまた大変なことになるので、自分の状況をうまくお医者さんに伝えながら、良い状況に近づけていきたいです。

 

うん、なんだか今日は明るい話題になりました。

ひとまず終わりますね。では。