咲かない花に水をあげ続けること

日常をつらつらと書き続けています

あはは、な話

 

中退して働く、と散々宣言していましたが、予想通り父親の説得はできませんでした。あはは、やっぱりねといった感じです。

物凄く泣いたせいで、酷く頭が痛くなってしまいました。うう。それくらい泣きました。最近泣いていなかったので、久々に泣きました。

母親にも電話して、やっぱりダメだったことを伝えたら、お母さんからも話してみるから、と言ってくれたのですが、父と母にぶつかって欲しくなかったし、もう私は決めたから何も言わなくていいし、父親の言ったことに同調して「そうね、大学は出なきゃね〜」とか適当に答えて欲しいとお願いしました。何もしてあげられないお母さんでごめんね、と泣かせてしまいました。私はもう大丈夫だよ、わかってくれるお母さんがいて嬉しかったよと伝えました。母親は本当に凄いなと思います。私がもし母になるときがきたら、母親のようになりたいです。

 

私なりにたくさん考えた結果だったけれど、父親的にはダメみたいでした。仕方ないですね。そこで折れる程度の考えだったのか?と言われてしまいそうですが、私の考えは自分では間違っていないとは思います。でも父親の言いたいこともわかるので、あと半年お願いさせてもらいました。あと半年学生です。

 

切り替えて頑張ります。

 

ひぇ〜本当に頭が痛いです。泣いて頭が痛くてロキソニン飲むって悲しいですね。氷枕で少し横になろうかなとも思いますが、誰かと話したい気分です。ぴょんさんはお仕事中なので、終わったらおうち来て欲しいなんてワガママを言ってしまいました。来てくれるかわからないけど、来てくれたら話聞いてもらおうかなと思います。ぴょんさん頼ってごめんよ。

 

支えてくれる人たちがたくさんいて、私は本当に幸せです。なかなか恩返しはできないけれど、感謝の気持ちは持ち続けてるので、いつか返していけたらいいなと思います。

 

 

みんなは卒業できてるのに、なんでお前はできていないんだ。大学を決める際には何も口出ししなかったけど、そもそもデザインなんて全くやったことがなかったことに手を出して卒業なんて難しいに決まってるじゃないか、やってる人は高校からでもやってるものだし、専門学校でも習えることだ。文学部とかそのあたりに行っておけばもっといい大学に行けて卒業もすんなりできただろう。なーんて言われてしまって私の大学生活を否定されたことが凄く悲しかったです。

 

大学ってそれまでやっていなかったことはやっちゃいけないの?いや確かに国語は好きだったし、ある程度の成績は取れていたけど文学極めたい!なんて全く思っていなかったし、そもそも第1志望は文化に関する学部を受けてたし、ダメだったから他にも興味のあったデザインを学ぼうとしたのに。得意分野を伸ばす場でもあるだろうけど、興味のあることは学んじゃいけないの?父親だってある大学の附属高校(何かに特化した学科ではなく普通の勉強をする普通科)行ってそのまま受験もせず、いわゆるニッコマくらいの私立の農獣医学部(本当は獣医になりたかったらしいけど高校での成績が足りず家畜などの獣医になるところに進んだ)内部で入って某大手電気会社に入社していって、大学とは全然関係ないことやって更には全く関係のない会社を作ってってやってるのに、なんで私は私のやりたいこと、デザインなどをやっちゃダメだったの?なんて思ったりもしてしまいましたが、自分を反面教師にしろってことだったんですかね。大学は卒業しなさいと言ってくれたことは有り難いですけど。父親は「何を学んでいたかなんて企業は見ていないしどこの大学を出たか、大卒であるかしか見ていないんだから、せめて大卒でなかったらどうするんだ」と言っていました。はへー。弟が地方だけど公立大学に行って、社会学部だっけかな?そんなところに行ってくれてよかったです。私のように言われることはないでしょう…。私立と国公立、どちらがいいとかいうわけではないですけど、父親的な考えでいくと公立が正しいんでしょうね。私立行かせてくれたけど。

 

母親的には私の高校の様子を見ていて、学校という場に苦手意識を感じていることを感じ取っていたようでした。なので私が大学1年のときから、大学通えるのかなと心配していたそうです。母親はなんでもわかっちゃうんですね。だから留年が決まった時もあと半年通うことは私の負担となるだろうということも思っていたそうですが、私が卒業したいと言ったので止めなかったそうです。もう母親には頭が上がりません。

 

結局愚痴のようになってしまいました、ごめんなさい。

 

あと半年、高い学費を出して通わせてもらえることは感謝です。それは間違いありません。

ただ、もうちょっと聞いて欲しかったかな。私の考えはわかった(別に理解までは求めていません)、けど、お父さんはこう思うからこうして欲しい、くらいの言い方してくれたらな、と思っちゃいました。話をしていたら遮られて、先に言うけど何が何でもそれは許さない、ダメだと言われてしまったので、もうその先何を言ってもダメでした。

 

この先もずっとそうなのかな〜なんて思ってしまいました。父親と母親がいてくれるから生活できているので何も言えないんですけど、理解はしてもらえなくてもいいから、せめて考えくらいは聞いて欲しいな、なんて思います。

 

支援してもらっているので、親には逆らえないですね。

 

では。