咲かない花に水をあげ続けること

日常をつらつらと書き続けています

お題に沿って書いてみます

今週のお題は「家飲み」だそうです。

1つ前の投稿で散々お酒について話していたので話が被りそうですが、被ったら被ったで良しとしましょう。

私はもうとっくにハタチを超えているので飲酒はできます。お酒を飲むことは好きです。けど、家飲みは0に近いです。飲んだとしてもほろよい。しかも白いサワー味か夏限定のラムネ味くらいです。一応梅酒も瓶で置いてあるのですが、半分ほど飲んだところで2ヶ月ほど放置しています。

コンビニに行くことが多いですが、お酒コーナーをみてもあ、飲みたいな〜とかいう気分にはなりません。お仕事帰りのように見える方々はビールなどのお酒を買っているのをよくめにしますが、やっぱり働いたあとは飲みたくなるんですかね。仕事終わりにビールのプルタブをプシュッと開けて、ひとくちゴクッとのんでクゥ〜みたいな、いや完全に想像なんですけど。よく大学生は宅飲みする文化があると思うのですが、そういうのもあまりやらずに過ごしてきました。片手分にもならないくらいの数です。

家でお酒を飲まないくせに銅製?とかの金属でできたお酒を注ぐと口当たり良くなりさらに冷たいまま飲めます!みたいな少しいいお値段のするタンブラーなどをついつい見てしまいます。大きさや形も色々あって面白いです。あとめちゃくちゃ薄いガラスのグラスとか。シンプルだったりちょっと無骨感のある物が好きなんですよね。装飾が付いているものも可愛いとは思いますが、シンプルなものでちょっと質の良さそうなものについつい目を引かれてしまいます。審美眼があるとかそういうことを言いたいのではなく、コレいい素材ですよ!って書かれているのでわかるだけです。これはどこ製の◯◯で、とか、そういうのはわからないので本当に感覚だけで見てます。そういうものは大抵いいお値段がするし手を出せないんですけどね。というか、そもそも家でお酒を飲まないので使わないんですけど…。

お題が「家飲み」でしたが、なんだかお酒関連グッズの話の方が多くなってしまいました。まあそんなときもあるでしょう。

さっきも投稿したくせにまた投稿するのかよと思われそうですが、部屋の掃除が終わってスッキリした気分だったので何か書きたかったのです。

では。